プロ野球選手になるには強豪校にいくべきか?

プロ野球選手になるには強豪校にいくべきか?

プロ野球選手になるために強豪校へいくべきか?

 

プロ野球選手になるのなら、甲子園常連の強豪校へいくべきです。

 

将来、プロ野球選手になりたいと思った時、ライバルの多い甲子園常連の強豪校へ行くか?、それ以外の普通の高校へ行くか?迷う時があります。

 

結論からいうと、強豪校へ行くべきです。

 

甲子園常連の強豪高校には、全国からレベルの高い選手が集まります。必然的に、練習内容もレベルが高くなります。普通の高校の野球部で練習を比べると何倍も効果が違います。

 

最終的には、本人次第ですが、プロ野球選手になるにはその中でレギュラーの座を勝ち取る実力は必要不可欠です。

 

目指しているプロ野球は、甲子園に出場して優勝した選手がゴロゴロいる世界です。

 

そんなプロ野球選手になろうとしているのだから、そこで戦える力を身につけないといけません。

 

 

 

周りのレベルが高ければ、それにつられて自分のレベルもあがります。
厳しい環境は、自分の能力を高め、その中で勝つための闘争心も養われます。

 

しかし、高校でレギュラーになれなかったり、途中で挫折するかもと、一瞬でも思ったひとは行くべきではありません。

 

思うということは、自分にやりきれる自信がないということです。中途半端になるまえに、普通の高校で楽しく野球をおこなうのが一番の方法です。プロ野球選手になるということは、野球でお金をもらうということです。中途半端な覚悟では、プロ野球選手になることはできません。

 

 

2015年、甲子園で注目を集めたオコエ選手。

 

高校からプロに入っても、自分に自信がある発言をしてますね。

 

プロ野球選手は、自分が一番という気持ちが大事です。

 

プロ野球で活躍している選手はみんな、自分が一番です。だからプロ野球選手になれたのです。

 

だから厳しい練習を誰よりも一生懸命できたのです。プロ野球選手になるには、自分が一番で誰にも負けないという思いで、レベルの高い強豪校に進むのが1番の近道です。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

 

↓↓

 

子供をプロ野球選手にする為のピッチングフォーム

 

このエントリーをはてなブックマークに追加