プロ野球選手の子供の頃の共通点

プロ野球選手の子供の頃の共通点とは?

プロ野球といえばイチロー選手が有名で誰でも知っています。そんなイチローは才能があったからプロ野球選手になれたのでしょうか?いいえ違います。それは、イチローが人よりも練習を下からです。イチローの小学校の卒業文集。

 

イチロ−の卒業文集

「僕の夢」

 

ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学、高校でも全国大会へ出て、活躍しなければなりません。
活躍できるようになるには、練習が必要です。

 

 

ぼくは、その練習にはじしんがあります。
ぼくは3才の時から練習を始めています。
3才〜7才までは、半年位やっていましたが、
3年生の時から今までは、365日中、360日は、はげしい練習をやっています。

 

 

だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間〜6時間の間です。
そんなに練習をやっているんだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。

 

 

そして、中学、高校で活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。
そして、その球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズが夢です。

 

 

ドラフト入団でけいやく金は、1億円以上が目標です。
ぼくがじしんのあるのは、投手と打げきです。
去年の夏ぼくたちは、全国大会へ行きました。

 

 

そしてほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバ−1投手とかくしんできるほどです。打げきでは県大会、4試合のうちに、ホ−ムランを3本打ちました。
そして、全体を通して打りつは5割8分3りんでした。

 

 

このように、自分でもなっとくのいくせいせきでした。
そして、ぼくたちは1年間まけ知らずで野球ができました。
だから、このちょうしで、これからもがんばります。

 

 

そして、ぼくが一流の選手になって試合にでれるようになったら、お世話になった人に招待券をくばって、おうえんしてもらうのも1つです。
とにかく一番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

 

プロ野球選手になる子供は、ひとよりも練習をしています。だからプロになれるのです。プロ野球選手にかぎらず、プロで活躍している選手の卒業文集でも同じことが書かれています。

 

 

プロの世界で活躍する人は同じ共通点がある。

 

本田圭佑の卒業文集

「将来の夢」

 

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。

 

だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

 

Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。

 

プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。

 

一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。

 

ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

 

 

石川遼の卒業文集

「将来の自分」

 

二年後…中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
三年後…中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。
四年後…高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。
六年後…高校三年生、日本で一番大きいトーナメント、日本オープン優勝。
八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。

 

 

これを目標にしてがんばります。最後のマスターズ優勝はぼくの夢です。
それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。

 

でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。

 

みんなが一生懸命練習をしているなら、ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、「もっとあのときにこうしていれば…」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。

 

来年には埼玉の東京GCで行なわれる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。
今は優勝とか関係ありません。中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。

 

 

高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。
その試合で世界から注目される選手になりたいです。

 

 

ぼくは勝てない試合には今は出ません。

 

 

ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

 

 

プロの子供時代の共通点から学ぶ

 

将来、子供をプロ野球選手にするためには、人よりも何倍も練習してレベルアップ出来る環境を、親が作る必要があります。

 

いまでこそTVなどで名前を聞くプロ選手は、子供時代から練習漬けで、親も一緒になって子供の夢の為に努力しています。

 

なので、できるだけ良い環境で練習でき、キチンとした基礎を学ぶことが出来れば、子供をプロ野球選手にすることは可能ということです。

 

しかし、キチンとした指導を受けるのは難しくもあります。

 

特に地方で、子供さんをプロ野球選手にしたいときは、キチンとした指導者に出会うのが難しいのが現実です。

 

そこで、地方都市でも、キチンとしたプロの指導を受けることが出来るDVDを活用することを、オススメします。

 

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

 

↓↓

 

子供をプロ野球選手にする為のピッチングフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加